7/11イベント「眼鏡茶屋」フライヤー入手!

7/11のイベント「眼鏡茶屋」@新宿ロフトプラスワンのフライヤーを入手した!
7/11「眼鏡茶屋」フライヤー

めがね界の巨匠、須田さぎり先生のイラスト入り特性フライヤーはこちらからダウンロードできるぞ!

組織構成員の諸君は各自印刷して普及に努めるように!
きー!

ワールドコン店、カフェ開店スペース決定!

カフェ・サイファイティーク・ワールドコンNippon2007店の、
開店場所が決まりました!

パシフィコ横浜・展示ホール2F、「ハーバーラウンジ」です!
海に近い二階デッキ沿いにあり、いちめんガラス張りの窓から横浜の海と空が望める、素敵なロケーションです。

また、「ハーバーラウンジ」は、Nippon2007会場内ながら独立したスペース。
Nippon2007正式参加者の方はもちろん、それ以外の方でも所定のエントリーチャージ(¥500程度)のお支払いで、参加者同様にカフェをお楽しみいただけます。

■場所: パシフィコ横浜・展示ホール2F「ハーバーラウンジ」
■交通: みなとみらい線 みなとみらい駅より徒歩3分
      JR線/市営地下鉄 桜木町駅より徒歩12分
      アクセスマップ
■日時:2007年8月31日(金)〜9月2日(日) 10:00〜18:00(予定)
第65回世界SF大会ワールドコンNippon2007(8月30日(木)〜9月3日(月)開催)内

■料金: 入店料(ハーバーラウンジ・エントリーチャージ含む)として1000円程度を予定。
フリードリンク制 指名制あり

※第65回世界SF大会ワールドコンNippon2007内の他の企画に参加される場合は、正規の大会参加費が必要です。詳しい料金についてはNippon 2007公式サイトをご覧下さい。

※入店システム・メニューなどは決まり次第お知らせいたします。
※当店は、第65回世界SF大会ワールドコンNippon 2007での、カフェ・サイファイティークによる持込自主企画です。

7/11イベント「眼鏡茶屋」続報

さて、7/11「眼鏡茶屋」@新宿ロフトプラスワン

フライヤーのキャッチコピーを入手しました!


男は眼鏡で三割り増し。

メガネ男子萌え女子向けのトーク&ライブイベントです。でも入場は、男子禁制ではありません。メガネ男子ならもちろん大歓迎!
(ただしオタク嫌悪のかたはご遠慮ください)

▼コーナー紹介▼
『レンズ輝く萌えトーク! メガネとあらば即参上!』…

  「メガネ男子について語らせろ!」 腐女子、学者、腐男子、人妻、オヤジ、男色漫画家、モデル、七人のメガネ男子好きが集結! 


『ガラスの向こうの男たち・メガネリウム』…
  さまざまなタイプのメガネ男子を奥座敷に捕獲!
  店内どこからでもその生態をご覧になれます。


『メガネがなければ即死だった』…
  本物理系白衣メガネ博士たちによるメガネコント。メガネに宿った科学の力におののけ! 

『悪の組織へようこそ・カフェサイファイティークへのいざない』…
 美少女メイドに「おかえりなさいませ」と言われるよりも、理系白衣メガネ博士に研究されたいあなたへ贈る、夢の実験室。
 それがこの夏開店する理系メガネくんカフェ「カフェ・サイファイティーク」。
 組織の黒幕・女幹部たちが、その魅力と、専属博士たちの異常な愛情を赤裸々に暴露!


『書生メガネ・あなただけのお点前』…
 茶道をたしなむ袴メガネ書生男子が、差し向かいで一服点ててくれます。ただしその権利を得るのはただ一人! 明治ロマンのときめきをかけたオークション、さて幾らの値がつくかは、萌え力と懐具合で勝負です。



■日時:7月11日(水)19:00開演  23時終了
■場所:新宿ロフトプラスワン
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/map.html
■料金:¥1500(飲食別)
【司会】夏一葉
【Guest】渡辺由美子、尾山ノルマ、ほか
【特別Guest】永山薫、山田参助、金田淳子、吉本たいまつ、ななしの
【協力】メイドロボウパー、カフェサイファイティークのみなさま
協賛:エロティックコミックファンナイト、カフェ・サイファイティーク
http://scifitique.org/

※当日券のみ
当日直接ロフトプラスワンにお越し下さい。
開場時、入店頂いてから料金を頂きます。事前のチケット発売、予約等は行っておりません(開場前に長蛇の列ができた場合は、整理券を配布させて頂くこともこざいます。その際は、当日店頭張り紙にてお知らせ失礼致します)

新宿ロフトプラスワン、「眼鏡茶屋」へGO!

さてさて、夏のワールドコン店の開店まであと2ヶ月……。

それを前に、新宿ロフトプラスワンにて、プレイベントを行います!

眼鏡好き女子のためのイベント「眼鏡茶屋」に、全面協力。
主催は当店メイドロボでもある夏一号嬢。メガネ心にキュンと響く企画が満載です。

「メガネトーク」…
  メガネLOVEゲストによる、LOVEメガネの熱いトークと鋭い分析!
「メガネリウム」…
  本物理系白衣メガネくんが桟敷席に大集合。
  店内どこからでもその生態をご覧になれます。
「メガネコント」…
  ハカセたちによる萌えシチュエーション実演。
  新兵器「光るメガネ」に注目だ。
「カフェサイプロモ」…
  この夏開店する理系メガネくんカフェ「カフェ・サイファイティーク」。
  カフェ女幹部がその楽しみ方と、キャストのハカセたちを赤裸々にご紹介します!
  ひみつオークションも予定。
 
お気に入りハカセを見つけるチャンス!
ぜひご来場ください。


■日時:7月11日(水)19:00開演
■場所:新宿ロフトプラスワン →地図
■料金:¥1500(飲食別)


ロフト・7月スケジュールより)
---
「眼鏡茶屋」
オタク女子向け眼鏡男子萌えイベント!
本物の理系眼鏡博士による眼鏡パフォーマンスあり!
【司会】夏一葉
【Guest】渡辺由美子、尾山ノルマ、ほか
【特別Guest】永山薫、山田参助、金田淳子、よしもとたいまつ
【協力】メイドロボウパー、カフェサイファイティークのみなさま
協賛:エロティックコミックファンナイト・カフェサイファイティーク
http://scifitique.org/
Open18:30/Start19:00
¥1500(飲食別)
---

火星地下秘密基地!

助手:ハカセ!大変です。
我々の火星地下秘密基地の入り口が、NASAに見つかってしまいました!

悪のハカセ:なんだと! フォト○ョップの合成写真に見えるように、偽装していたはずなのに。やはり屋根をつけて地表に偽装すべきだったか…。

アンダーグラウンドの世界への入り口、火星で見つかった謎の黒い丸
ソース:テクノバーン

貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−5(最終回)

それは、単に始まりの終わりでしかなかった。


貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−5    技術開発センター

エピローグ −改良−

 結婚式から帰ってすぐ、ゼンマイの改良に取り掛かることにした。回転ユニットはそのままでいいだろう。問題は取っ手だ。ここでまた軸への取り付け方法に苦労することとなる。時間をかけて各種の素材を吟味し考え抜いた末、ゼンマイの軸をパイプ状とし、内部に特殊ゴムを詰めてその中に軸を差し込むスタイルとした。これならば適度な抵抗で空回りし、金属と違って変形してもきちんと元に戻る。取っ手の形状も変更、資料を検索しておもちゃのゼンマイ系であったデザインを時計のゼンマイ系へと変更し、軸方向のサイズは約2/3に圧縮、取り回しを楽にした。身体に近い側のクリアランスは試作機と同程度を維持し、服装の自由度を確保した。特殊工具を用いて左右に穴も開けることにした。
 
 その後増産の際、色々な服に対応できるよう当初は黒であった台を透明に変更。また和服にも対応すべくパーツの取り付け位置や軸の角度を変更したマダム専用機、ステージ用の大型の取っ手も新たに開発した。現在、チャイナドレスその他の各種コスチュームへの対応、ゴールド、コッパーなどの色違い、ぜんまいの付いている(既存の)キャラクター型の取っ手などを開発中である。大会当日をご期待いただきたい。


 眼鏡時空5参加時にはごく当たり前の様に動いているゼンマイだが、これも当初は幹部の頭の中だけにしか存在しなかったものである。カフェも同じだが、妄想を実現したものは実に面白い。妄想を実現していく過程はもっと面白いものだ。我々はこれからも多くの妄想を努力と工夫により現実のものとし続けるだろう。一度実現してしまうと様々な問題点が検証され、変更、改良を余儀なくされることも多い。当初考えていたものとは異なる姿になるかもしれない。それもまた面白いではないか。
 最後に、現在は光るメガネ・カエルの卵に見えるデザートなどを開発・改良中であることを報告しておこう。我々は常に挑戦し続けるのである。

貴女の妄想も、叶えてみませんか?



  この物語は全てフィクションであり、
     現実の団体や個人とは何の関係もありません。
  まあ、そう言っておきましょう。
  判断するのは、あなたです。


「ゼンマイ開発記」の連載はこれでお終いです。
ご意見、ご感想はコメント、もしくはメールにてお願いします。
筆者は次期連載を構想中です。「ゼンマイを継ぐモノ(仮)」お楽しみに!

貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−4

この感動は、かのフランケンシュタイン博士と同じであるに違いない。


貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−4    技術開発センター

起動実験

 何事も思った通りにはうまく行かないものである。研究だけでなく今回もその例に漏れることはなかった。ようやく形を整えて表面加工まで終了した時、すでに当日の朝になってしまっていた。
 早○女博士がゲッ○ー試作機を真っ白のまま運用した事情にうなずきながら急いで車に荷物を積み込み出発したが、休日朝の下り方向は混雑するもの。会場に着いたときは既に式は終わり、最後の乾杯に潜り込むのがやっとであった。
 2次会の会場に到着した後、自分の部屋でゼンマイを組み立てて恐る恐るスイッチを入れてみる。ジーッと音を立ててゼンマイはゆっくりと回り始めた。起動そのものは成功だ。2次会も夜の部に入ってからゼンマイを取り出して公開した。
 時間がない中、デザインには時間をかけずに容易に加工できる形状で作ったため、
「これ、何の形?」
と指摘する声もあったが、実際に動くという点では大い評価された。1年前にゼンマイの説明をした幹部自らが、用意してあったメイドロボの装備と共に試作品のゼンマイを装着してくれた。やはり、メイドロボのゼンマイはメイドロボについている姿がいい。ロボの背中でゆっくりと回るゼンマイを見ると喜びもひとしおであった。
 だがしかし、その場ですぐ問題も明らかになった。軸が長すぎてメイドロボが椅子に座れない。他人にすぐに当たる。そして何より、酔っ払いがゼンマイを巻こうとしてしまうのだ。おかげで、金具を流用した取り付け部は一晩の間に何回も直さなければならなかった。


  この物語は、やっぱりフィクションということで・・・

貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−3

国境の長いトンネルを抜けると、そこはフランスだった・・・


貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−3    技術開発センター

開発の2

 次に苦労したのがゼンマイの取っ手だ。大きくて目立つ方が面白いが、重すぎるのは不可。回転ユニットが破損しては元も子もない。背中に取り付けるのだから当然周りにぶつかるだろうが、そのときに周囲の人が怪我するような危険なものでは困る。かといって柔らか過ぎてたわんだりしては格好悪い。あくまで金属的な質感が欲しい。
 色々と調査した結果、夢のような素材を見つけることに成功した。幅30cmの板でも自重によるたわみはほとんどなく、かつ重量も許容範囲。力がかかった際には多少たわむので、周囲に対して破壊的でもない。金属的な質感を持たせることにも成功した。
 軸への取り付けも苦労した点だ。田宮○○のキットには6角のシャフトが採用されていたが、このシャフトの軸を通るように板を取り付けるパーツはどこにもなかった。キットに付属のクランクを加工する、固定パーツを自作するなど色々と検討したが、幹部の結婚式までもう時間がない。電線を壁に固定する金具を流用することにした。強度が弱いのが気になるが、頑丈すぎて周囲を破壊するよりはマシだろう。
 こうして製作を始めたが、普段やりなれていないことなので時間がかかる。使用する工具を探し出し、手に入れながらの作業が続いたのだった。


   この物語は、フィクションであり、実在する人物、自主企画、地名、そのほかの固有名詞や事実などとは何の関係もありません。うそ八百です。どっか似ていたとしても、それはたまたま確率の問題です。

ミニロボ

ミニロボットで治療や撮影 大きさ2センチ、傷は1カ所 (sankei web)
黒影さんの幻影随想経由

人間の体に入って作業するミニロボットの試作品ができたらしい。

 体に小さな切り口をつけて体内に入れ、自由に操作して病気の部分を撮影、治療する「マイクロ体内ロボット」の試作品を立命館大や滋賀医大などが26日までに完成させた。

 プラスチック製で長さ約2センチ、幅約1センチの円筒形。中に磁石やセンサーを入れ、患者の周りに磁場を発生させ動かす。

 これまで飲み込むタイプの小さなロボットはあったが、研究統括の牧川方昭立命館大教授は「このロボットで、大掛かりな手術をせずに治療できる」と話している。

 試作品は、病気の部分を撮影したり、薬を送り込んだりするタイプや、ピンセットを取り付けるなどした5種類。

 ロボットの位置や向きは事前に撮った磁気共鳴画像装置(MRI)の画像やセンサーの情報などから把握でき、ロボットに付けた太さ約2ミリのケーブルを通じ、組織の一部を取り出したり、画像を送ったりする。動物実験で順調に動かすことができることを確かめた。

 内視鏡手術では、メスなどを入れるのに体を数カ所切る必要があるが、試作品はロボットを入れる数センチの切り口が1カ所で済むという。

 今後は、ケーブルがない自立型や電気メスで腫瘍(しゅよう)を切り取るタイプを開発、機能を組み合わせて実用化を目指す。


ふふふっ。これで改造人間製作もばっちりだ!

下っ端!、立命館大と滋賀医大から強奪して来い!
キーー!

貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−2

ルーブルの広いフロアでどこからともなくコーヒーの香りが漂ってきたら、貴女は我々のすぐそばにいるのかもしれない


貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−2    技術開発センター

開発の1

 マッドサイエンティストカフェ・みなとみらい店は大好評のうちに終了した。我々白衣組も最前線に立ち続けたのだが、その後方で我々をサポートしてくれたメイドロボ達は非常にありがたい存在であった。私は閉店後もゼンマイ可動化の夢を実現すべく、何かゼンマイに使えるものはないか、流用できるものはないかと事ある毎に調べていた。だがしかし、である。皆さんもご存知のようににカフェが見事なまでに炎上してしまった。辛くも脱出してルーブル地下に秘密基地を築いたものの、もはや活動する元気は残っていなかった。私も活動できなくなって、悶々とした1年が過ぎてしまった。
 急に入った知らせは、幹部が結婚するというものだった。久々にメンバーが集まる。そのとき私の頭に恐ろしい考えが浮かんでしまった。
「この機会に、ちゃんと回るゼンマイを作りたい。幹部達が喜んで元気になってくれれば。」
 サプライズとして極秘裏に開発し、当日いきなり公開する方が面白い。早速、使えるユニットを探し始めた。
 既に既製品からの流用はあきらめていたので、正面からパーツとして探すことにした。条件は回転数がゆっくり(1〜2回転/秒くらい)であること。軽量(メイドロボが付けるため)かつ安価(悪の組織にはスポンサーが付かない)であること。半時計回りであること。工作キットについて検索していたところ、見事に探し当てることが出来た。
 それは、○○模型のキットだった。早速入手して組み立ててみたところ、回転数、形状、重量共に申し分ない。値段は当初考えていたよりは高かったが、それでも充分に手の届く範囲だ。単三電池一個で動作するのもいい。こうして、私費を投じた研究開発が始まったのだった。


   この物語は、フィクションです。
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
CYBE・のびすぎタッチペン(DS/DSLite用)
CYBE・のびすぎタッチペン(DS/DSLite用) (JUGEMレビュー »)

白衣といえば差し棒!ペンサイズでありながら最大63cmに伸びる!しかもボールペン内臓&DSタッチペンにもなるぞ。
recommend
反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書
反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書 (JUGEMレビュー »)
ボビー ヘンダーソン, Bobby Henderson, 片岡 夏実
実はカフェ・ファイファイティークには、スパモン信者が多いらしい。ラーメン
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM