<< 貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−2 | main | 貴女の妄想叶えます −ゼンマイ開発記−3 >>

ミニロボ

ミニロボットで治療や撮影 大きさ2センチ、傷は1カ所 (sankei web)
黒影さんの幻影随想経由

人間の体に入って作業するミニロボットの試作品ができたらしい。

 体に小さな切り口をつけて体内に入れ、自由に操作して病気の部分を撮影、治療する「マイクロ体内ロボット」の試作品を立命館大や滋賀医大などが26日までに完成させた。

 プラスチック製で長さ約2センチ、幅約1センチの円筒形。中に磁石やセンサーを入れ、患者の周りに磁場を発生させ動かす。

 これまで飲み込むタイプの小さなロボットはあったが、研究統括の牧川方昭立命館大教授は「このロボットで、大掛かりな手術をせずに治療できる」と話している。

 試作品は、病気の部分を撮影したり、薬を送り込んだりするタイプや、ピンセットを取り付けるなどした5種類。

 ロボットの位置や向きは事前に撮った磁気共鳴画像装置(MRI)の画像やセンサーの情報などから把握でき、ロボットに付けた太さ約2ミリのケーブルを通じ、組織の一部を取り出したり、画像を送ったりする。動物実験で順調に動かすことができることを確かめた。

 内視鏡手術では、メスなどを入れるのに体を数カ所切る必要があるが、試作品はロボットを入れる数センチの切り口が1カ所で済むという。

 今後は、ケーブルがない自立型や電気メスで腫瘍(しゅよう)を切り取るタイプを開発、機能を組み合わせて実用化を目指す。


ふふふっ。これで改造人間製作もばっちりだ!

下っ端!、立命館大と滋賀医大から強奪して来い!
キーー!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
CYBE・のびすぎタッチペン(DS/DSLite用)
CYBE・のびすぎタッチペン(DS/DSLite用) (JUGEMレビュー »)

白衣といえば差し棒!ペンサイズでありながら最大63cmに伸びる!しかもボールペン内臓&DSタッチペンにもなるぞ。
recommend
反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書
反・進化論講座―空飛ぶスパゲッティ・モンスターの福音書 (JUGEMレビュー »)
ボビー ヘンダーソン, Bobby Henderson, 片岡 夏実
実はカフェ・ファイファイティークには、スパモン信者が多いらしい。ラーメン
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM